足 跡 の ひ と つ な き 雪 水 城 堤

あしあとの ひとつなきゆき みずきてい

長い長い水城の堤防も、道路で寸断、鉄路で寸断と細切れになってはいますが、旧3号線水城跡から、田圃の中に一直線で、なんとか残っています。

珍しく降った、九州にしては大雪に、こんな土手に登る人も無く、雪間に覗く青空とあいまって、美しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください