豆 の 花 電 話 切 り ど き 逃 し ま す

まめのはな でんわきりどき のがします

親しい友人なら、「じゃあね。切るよ!」

ですませられるけれど、中途半端なお付き合い、

番号を交換したばかりの人など、切るに切れない場面があります。

忙しいと言うわけじゃないけれど、

「それじゃあ、また」と

言えなければいけないと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください