誰読まぬ 百科事典に 春嵐

むかし、家に百科事典を、それも居間や玄関などの人目に付くところに、飾ることが
流行った時代がある。
子どもはあまり読まずに巣立ち、孫は見向きもしない。
それにもう、時代にそぐわないものになっているけど、
相変わらず同じところに鎮座ましましている家は、ある。
何十年の月日をこえ、巡る季節を過ぎ、何十回目の、春の嵐の砂ぼこりに見舞われている。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください