解 剖 を 懇 願 さ れ て 外 は 桜

かいぼうを こんがんされて そとははな

父はガンで死んだ。

五十五歳だった。

進捗は早かった。

どんなふうに広がったのか見たかったのだろう。

大学病院はもうたくさんだと思った。

サクラの季節だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください