見 覚 え の 人 木 枯 ら し の 向 か い ホ ー ム

みおぼえの ひとこがらしの むかいほーむ

駅のホームは寒い。電車が走る方向に木枯らしも走る気がします。

向かいの下りホームにいるひと、声をかけるには時間が経ち過ぎて。

元気ならそれでいい。

この句も読まれています。

遠雷の くぐもり響く 明日知れず ゴロゴロと近く遠く、そう言えば飛行機も飛んでるのか、いないのか。明日行けるかな。その前に眠れるかな。
鼻歌を 花歌と書きおり あたたかし... 葉書をもらった。 少しずつ春になっていくのが嬉しいと。 花歌が知らず知らずのうちに出ると書いてあった。 たしかに、この季節、鼻歌より、合ってるような気もする。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
狛 犬 の 口 玉 若 葉 の 半 日 陰 こまいぬの くちだまわかばの はんひかげ 二匹で対の狛犬の一匹には、口の中に玉があります。 石工は、犬の口を彫りながら、中の玉をくり抜くため、かなりの技能を求められると聞きました。 それからは、どこに行っても、そればかり気になります。 青葉若葉が日一日と育つこのごろ、小さく漏れるような青空がちらち...
冷 た く も 木 の 芽 起 こ し の 雨 な れ ば... 雪は雨に。 まだ春の訪れとはいかないものの、この雨はまちがいなく春を呼ぶ目覚めの雨となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください