見 覚 え の 人 木 枯 ら し の 向 か い ホ ー ム

みおぼえの ひとこがらしの むかいほーむ

駅のホームは寒い。電車が走る方向に木枯らしも走る気がします。

向かいの下りホームにいるひと、声をかけるには時間が経ち過ぎて。

元気ならそれでいい。

この句も読まれています。

文机 簾(すだれ)を掛けて きりっとす... 陽射しが、強くなってきて、窓に簾をかけた。 簾越しに五月の樹々と若葉のいぶき。 風は爽やか。
雪 女 湯 屋 に て 艶 の 髪 洗 う 色白の、髪の長い若い女が、膝を折って、湯桶で髪を洗う様は、浮世絵の世界のようで、暫し見惚れる。
黄落(こうらく)の 天も地までも 独り占め... 銀杏並木が色付いて、はらはらと落ちる。 数枚の葉は、アスファルトの道路をからからと転げる。 黄落の絨毯を、空を見ながら歩く。 見渡すとひとり。 この贅沢はどうだろう。 クリスマスよりずっと素敵です。...
夕 暮 れ を 遅 ら せ た る か 山 桜 ゆうぐれを おくらせたるか やまざくら ヤマザクラ。 むかしから日本に自生する野生のサクラです。 一般に広がっているソメイヨシノは、花だけ房咲きですが、ヤマザクラは、花と同時に若葉も萌え出ます。 この若葉が、緑色からえんじ色まで、さまざまな色合いをしているので、遠くからながめると、まるでニシ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください