襟 巻 き に 見 よ う 見 真 似 の 肥 後 守

えりまきに みようみまねの ひごのかみ

むかし、折りたたみ式の小刀が、ありました。

「ひごのかみ」と、なぜか呼ばれていました。

もちはこぶときは、折り畳むので、危険はありません。

使うときは、真ん中に付いた真鍮の小さな取っ手を、何か適当なものに叩きつけて、刃をだします。

むかしのこどもは器用で、あっという間に、竹とんぼくらい作ります。

今は、見かけることもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください