裏 門 司 に 戦 後 引 き ず る 秋 が 来 る

うらもじの せんごひきずる あきがくる

門司港の変貌ぶりには、何度行っても驚かされます。

変わらないのは、駅舎のみ。

展望台付きのマンションや、海岸通りの土産物屋、わざわざ移築してきた建造物。

すべて絵になるものばかり。

若い連中にとって、此処はステキな観光地でしょう。

かつて旧満州から、イノチカラガラ帰り着いた人々が、この地に降り立ち、その後も語り尽くせぬ苦労を重ねたことなど、知る由もないのですから。

秋が来れば、やがて冬。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください