螽 斯 あ さ っ て の こ と 考 え ず

きりぎりす あさってのこと かんがえず

イソップ寓話「アリとキリギリス」

毎日せっせせっせと働いて、食べ物を集めてきたアリ。

対照的に、あしたはあしたの風が吹くと、テキトーに遊んで過ごしてきたキリギリス。

冬が来て、食べるものが無くなったキリギリスは、アリに食べ物を無心する。

ひとのいいアリは、気持ちよく分けてやる。

ところがこの話には続きがあって、確か星 新一だったと記憶しているのですが、

食べ物を貯蔵しすぎたアリは、集めた食料が発酵し、酒になってしまったと。

どうしていいかわからないアリは、キリギリスをまねきいれ、連日飲めや歌えの大宴会をもよおし、その先どうなったやらわからないというのが、ことの真相らしい。

人生は、思うようにいかないことばかり。

半分以上はあきらめて、あとは少し努力して、気楽に波に乗ろうではありませんか。

ということらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください