螳螂は バイクの下で 仁王立ち

 

この句も読まれています。

満天の 黄落我に 降りかかり 銀杏並木、空も見えないほどの高い高いイチョウの木。 はらはらとまるで金貨のように、イチョウの葉っぱが舞い落ちてきます。 足元は一面の黄色のじゅうたん。 クリスマスツリーより感動的です。...
今ここに いたたまれずに 梅雨の雨... ここにいられないような瞬間があるのです。 もう消えてしまいたいのです。考えないように 考えないように、頭の中を真っ白にして、屈辱に 耐えなければ、おかしくなってしまいそうなのです。 あ~あと何回こんな思いをするのか。...
陽 炎 や 黄 泉 よ り ぞ ろ り 連 れ 戻 る... かげろうや よみより ぞろりつれもどる あまりの暑さゆえ、道路の先はカゲロウで、ゆらゆら揺れて、はっきりとは見えない。 お盆も近い。 この世の未練を断ち切れない、たくさんの亡者が、人々が暑さで四苦八苦しているどさくさに、カゲロウに隠れて戻ってきているかもしれない。 この分では、生者は自分のこ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください