螳螂は バイクの下で 仁王立ち

 

この句も読まれています。

ただ孤独 冬の空あり 波の立つ 冬の空、暗く低く,ときには冷たい風が吹きすさぶ。灰色の海には波がたつ。荒い波が繰り返し繰り返し押し寄せる。 ひとりだなあと思う。こんなところ来るんじゃなかったと思う。...
待 機 機 の 見 え 隠 れ す る 春 霞 たいききの みえかくれする はるがすみ 滑走路が一本しかないためか、昔と比べて離着陸が極端に増えたせいか、よくあれで上手くやれるなと感心するほどの滑走路の混雑ぶりです。 空の上では、順番を待って旋回するものもあり、かすみのかかった春の曇り空の中、何処へ行ったのかと見失えば、とんでもなく遠方から、急...
孤 雁 行 く 海 目 指 し ゆ く 消 ゆ る ま で... こがんゆく うみめざしゆく きゆるまで ガンは渡り鳥です。 2〜3月にシベリアから渡って来、9月の終わりごろ帰って行きます。 V 字形に編隊を組み、エネルギーの消費を抑えながら、時々交代しながら飛ぶそうです。 当然先頭は力のある雁が担当します。 広い海原を渡るため、おのおのが木の枝を咥えて...
春寒し 坊主の読経は 耳入らず 最近のお寺は立派なものです。広すぎる部屋に、数人の法事では、なんか申し訳なく思います。 おかげで、ちっとも暖まらない。 数珠を持って、震えながら、終わるのを待っています。 終われ終われと思うと、お経は長い。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください