蜉 蝣 と 人 と 違 い は 恋 な り か

かげろうと 人とちがふは こいなりか

カゲロウは、翅をもつ昆虫のなかで、もっとも古いとされるグループらしい。

体長1センチ〜2センチほど。

身体は細く、ハネは透明。

幼虫は水生で、半年から1年かけて、数十回の脱皮を繰り返し、羽化するらしい。

交尾後、産卵して、わずか数時間で命が終わる。

このいのちのはかなさから、この名がついたと。

羽化した成虫も、水面でサカナの餌となる。

身を焼くような恋もせずに今生を終わる。

なんと寂しいこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください