薄氷(うすらい)は ぶらんこの下 人知れず

神社の空き地のぶらんこ。
足がつくところは、窪みになっていて、寒い朝には、氷が張っている。
近づかないと、気がつかない。
いずれ子どもが割るだろう。
錆びた鎖が、手に痛い。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください