薄墨(うすずみ)の 花打つ雨に 時忘る

桜は色が薄いのがいい。雨に咲く花は
一段とうつくしい。満開間近の花にも
容赦なく雨が降る。この雨は止む気配
もない。湖に張り出した桜は少しずつ
花を水に散らしながら、しょうしょう
と降る雨のなかにいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください