荼 毘 あ と は す べ て 花 野 に 打 ち 捨 て よ

だびあとは すべてはなのに うちすてよ

火葬の後、「ここが喉仏です」

なんて言われて、ひとつずつ骨壷に収めていく。

なんのイミがあるんだろう。

ぜんぶすててしまえ。

納骨堂だって、いっぱいになれば、古い順に始末していく。

そんなに、あがめたてる必要があるのか。

キリスト教だって、免罪符を売りつけることに反発し、ルターの宗教革命が怒ったくらいです。

坊主儲けさせて、死人が、あの世に穏やかに行けるようにと、

ほんとかうそか、人の弱みにつけ込んで、

時給にして、五万程度稼ぐわけです。

安ければ、戒名を短くして、意地悪をします。

戒名なんて要らないと思うのは、罪でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください