草 千 里 撫 子 揃 い て 背 の 低 し

くさせんり なでしこそろいて せのひくし

草千里の雄大さは、言うまでもないけれど、放牧された牛が草を食むようすは、悠久のときを告げて、見飽きることもない。

草しか生えてないのですが、隅っこの岩場の陰には、背の低いナデシコが、遠慮がちに咲いています。

群生などとんでもない。

土壌のせいか、皆そろって小ぶりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください