茅 花 流 し 寂 し さ の 底 見 た る と き

つばなながし さみしさのそこ みたるとき

ツバナは、カヤの穂のことで、あまり聞かないけれど、見たら「なんだこれか」とみんなが思うほどの、一般的な雑草です。

穂は白く細く、シッポのようです。

流しとは、「風」のことをいいます。

ツバナを吹き渡る風は「ツバナ流し」。

タケノコが生えるころの風は「タケノコ流し」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください