若 楓 濡 れ 葉 の ご と く 吹 き 出 で て

わかかえで ぬればのごとき ふきいでて

カエデは、時が来るとまるで土中から出たセミの羽根のように、濡れ濡れ感のある葉を見せます。

しばらくすると、しっかりとカエデらしくなります。

若芽ながら、縁が赤かったりそうではなかったり、その木の特徴そのままです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください