芽 吹 き た る 遺 愛 の 鉢 の 手 に 負 へ ず

めぶきたる いあいのはちの てにおえず

盆栽というのは、わかる人には、その魅力と価値がわかるのですが、素人には、花が咲けばきれいですけれど、なんだかよくわからないものです。

父は、サツキと松が好きで、よく手入をし楽しんで面倒を見ていました。

同じ鉢を毎日何をしているのか、気にかけたこともありませんでした。

故人となったとたん、どうしていいものやら分からず、ほとんどは、庭木の剪定に来たシルバー人材センターのおじさんたちに引き取ってもらいました。

覚えのある人も多いようで、盆栽は喜んでもらわれていきました。

残り物の小さな松がウチにひとつあるけれど、針のような葉が伸びて、ちょっと見では、松には見えないのですが、一応遺品だし、捨てるわけにもいかず、目にふれない隅の方に置きっ放しです。

ハリセンボンが怒ったときのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください