花 色 を 纏 ひ 大 路 の 三 分 咲 き

はないろを まといおおじの さんぶざき

桜というのは、咲く前から花吹雪となって散りゆくまで世の中をざわつかせます。

朝七分咲きだったのが、暖かい日差しを一日中受けて、帰りには満開ということもあります。

三分から五分咲きくらいが、落ち着いてゆっくり楽しめるような気がします。

水のあるところなら、なおさら素敵です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください