花 筏 一 軒 ひ と つ 石 の 橋

はないかだ いっけんひとつ いしのはし

桜の花が散り始め、花びらが、川や湖や池など水に浮かびます。

くっついたり離れたりしながら、流れに身を任せ、カタチや大きさを変えながら、長く水面にとどまります。

幅3mほどの用水路の淵に家々が並び、一軒にひとつの橋、手すりも何もない、クルマで渡るのも慣れないと怖い小さな橋が並んでいます。

上流の大木のサクラが散りかけて、花筏がその小さな橋をくぐっていきます。

橋の隙間からその進み具合を見ることができます。

それなりに風流です。

家々は農家で、立派なたたずまいです。

小さな橋とのアンバランスが面白くもあります。

春が終わりを迎えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください