芒 原 真 夜 に 鉄 橋 過 ぐ る 音

すすきはら まよにてっきょう すぐるおと

ススキは、穂が出始めた夏の終わりのころは、

赤みのある色をしていて、

蒼さというか若さが目立って、凛とした風情があります。

ススキ原ともなれば、冬に入るころで、

よれよれの白い穂が飛ぶに飛べないしかも、

まっすぐ立つこともままならない感じです。

少しだと、薄汚い印象です。

それでも広い広い野原や、川べり一帯に広がるさまは、

さみしさや世の哀れをを感じさせる風景ではあります。

貨物列車は、鉄橋を渡るとき大きな音に変わります。

ときに泣くような汽笛を鳴らすこともあります。

今では昼間見ることはなく、静まりかえった夜中にその音は、

遠くまで届きます。

空気が冴えざえとしているからなのか、

いつまでも眠れないせいなのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください