芒 原 鉄 条 網 越 へ て な ほ

すすきはら てつじょうもう こえてなお

新幹線が、高架ではしります。

その下の、あきれるほど細長い広い土地に勝手にクルマを留める者がいたり、不燃物置き場にされることを警戒して、ぜったいに破ることのできない強固な鉄条網が張られています。

くぐることができるのは、今の季節は、ススキだけ。

青かったものが、銀色に変わり、今は白い綿毛になる寸前です。

道端で見るのとはちがって、荒涼とした原野ににも似た広い広い土地を席巻したようすは、迫力があります。

秋のつるべ落としの、ほんの寸前、むかし映画で観た景色のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください