こ の 路 地 の 先 は 色 街 冬 菫

このろじの さきはいろまち ふゆすみれ

色街というものは、今もあるようで、なぜかその入り口の路地には、柳が植えられていると、わたしは思うのです。

そして横の短い橋を流れに向かって滑り降りる途中の、石のごろごろした、日の当たる小さな空き地にスミレを見つけることがあります。

スミレは春の野の花のなかで、もっとも親しまれているかもしれない。

意外に寒さに強く、冬のうちから日だまりなどで花を咲かせているのを見かけます。

丈が低く全体に小ぶりではあるものの、気のせいか花の紫が春より濃く感じられます。

冷たい風が吹くときには、耐えるかのように小きざみに震えているように見えます。

聞くところによると、たったニ首ながら、万葉集にもスミレを詠んだ句があるとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください