舞 ひ 上 が り 落 ち か か り ま た 忘 れ 雪

まいあがり おちかかりまた わすれゆき

また激しい忘れ雪となりました。

雪しまくと言えるほど、風が横なぐりに吹き、素直には落ちられない雪を飽きず眺めました。

春先の花も、芽を膨らませた樹々も震え上がったことでしょう。

もうこの先は、一気に気温が上がるとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください