股 火 鉢 メ リ ヤ ス ず ぼ ん 下 溶 く る

またひばち メリヤスズボンした とくる

むかしは安い、火に弱い危険な繊維が横行し、火が全身に回って死ぬ人もいました。

ストーブのない、今よりずっと寒い冬、火鉢だけが頼りで、早く温まろうと火鉢にまたがる行儀の悪いヤカラが、ズボンを焼いて溶かしてしまうことがままありました。

あの寒さでは、ムリもないことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください