考 へ ず 思 は ず 代 田 雨 を 見 る

かんがえず 思わずしろた おめをみる

米づくりには、八十八の手間がかかると、俗に言われる。田植え前の固い土をほぐし、平らにし、水を張り、昔は牛馬、今はトラクターや耕運機で掻いたあと、

はじめて知ったのですが、朳(えぶり) という農具で、田の表面を均す。

これを代掻き(しろかき) というのですが、

その代掻きが終わったあとの、田植えを待つばかりとなった田を、代田

(しろた) と呼びます。

代田となった米どころは、いちめん水をたたえた景色となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください