群 生 は 解 き て 身 の 丈 泡 立 草

ぐんせいは といてみのたけ あわだちそう

もうかれこれ40年近くになるでしょうか。
セイタカアワダチソウが日本中に広がり、日本の秋の象徴、ススキを食い尽くすのではないかと危惧されたことがありました。

福岡県では、知事命令で撲滅指示が出されたほどです。
それから長い時が経ち、気がついてみると、セイタカアワダチソウの丈が低くなっていること、以前ほどの群生も見られなくなり、ススキの存在が脅かされることもないようすです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください