缶 ジ ュ ー ス 穴 は 二 箇 所 に 秋 遠 足

かんじゅーす あなはにかしょに あきえんそく

今の小中学校は、話によると、一、二、三学期ではなく、前期と後期に分かれているとか。

むかし遠足は、春の歓迎遠足、秋の鍛錬遠足、三月のお別れ遠足と、三回ありました。

決められた金額で、駄菓子を買い集めて、持っていったものです。

缶ジュースは、ありました。

端に穴開けのためのおかしな形のものが、フタにぺったりと、くっついているというか、はめ込んであり、それで穴を開けて飲んだものです。

今のプルタップは、画期的な発明です。

話を戻しますが、その穴は、ひとつ開けても、ジュースは飲めないのです。

向かい側にもうひとつ、合計ふたつのアナが必要です。

アタマの悪いアタシは、その理屈がわからなくて、不思議で不思議でなりませんでした。

炭酸はありませんでした。

ネクターみたいな、濃厚なジュースだったように記憶しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください