繁 忙 の 師 走 孤 愁 の 泣 き 叫 ぶ

はんぼうの しわすこしゅうの なきさけぶ

誰も彼もが、一見大忙しの十二月。

不況と言われながらも、高級品は飛ぶように売れ、高級おせちには、予約がひしめいていると聞く。

ひとりでいることの辛さをどうすることもできず、溺れかけている人がいる。

孤独は誰しもが抱く感情なれど、それでは到底すまされない苦痛あり。

ここに電話しろ、相談しろと役所は、テレビはうるさく言うけれど、おそらくは何も解決しない。

渦を巻くように、はびこる雑草の根のように、貧困と孤独は蔓延っていて、割り箸を差し込む余裕さえない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください