絵 踏 せ し そ の 夜 の 家 族 如 何 な ら ん

えぶみせし そのよのかぞく いかならん

キリシタンの一家。

我が命のため、泣く思いで、絵踏みをさせられた。

それぞれに思うところ、感じるところは、似たり寄ったりかもしれないけれど、ことが大きすぎて、口にはできない、そんな感じではないかと、想像します。

その夜を、どんなふうに過ごしたであろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください