竹 藪 が の し か か る 家 秋 の 雨

たけやぶが のしかかるいえ あきのあめ

これが松林なら、どってことないのかと思います。

細い延々と続く田舎道です。

竹やぶは道の両側にあり、手入れなどしないものだから、普段から道の方に寄りかかった姿勢です。

古い家があって、雨の日は、竹やぶは、余計に重くなり、家を潰さんとするかのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください