突 端 に ゆ く バ ス を 待 つ 雁 帰 る

とったんに ゆくばすをまつ がんかえる

秋、巣をつくるために渡ってきた雁は、春になり繁殖地である北方へ帰ります。

一度つがいになると、一生離れることはなく一夫一妻を守り通すといわれます。

オシドリとは大ちがい。

あの世に旅たったオヤジにも聞かせたい話です。

巣は沼や湿地、草原につくられ、かえったヒナは春になるまで親と暮らします。

アタシとはおおちがいです。

家族の結びつきも強いと聞きます。

かぎ状や棹状になって飛んでゆく姿は哀れを誘います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください