稲 雀 届 か ぬ と こ ま で ち ょ い 逃 ぐ る

いなすずめ とどかぬとこまで ちょいにぐる

人の気配に驚いて、いっせいに飛び立つなら可愛げもあるけれど、被害の及ばないと思われるところまで測って逃げているふうなのです。

知恵がついたのか、もともと少しは賢いのか、カカシなんかにだまされるのか、疑わしい。

カラス並みにアタマいいかも。

この句も読まれています。

鉛筆を 持つ手冷たし 掃く息白し わたしは拙い俳句もどきを書くとき、 パソコンの前では、かけません。 布団の中で書きます。 断熱材が入ってないのか、薄いのか、 とても寒いのです。 時々手を布団の中に入れて、 暖め直しながらでないと、 冷たくて書けません。 はく息も白い。...
おでん三つ あれば句も出る 唄も出る... おでんが三つもあればいい。 熱燗が三本もあればいい。 ひとりパラダイス。ひとり夢のなか。 この時間が確保できれば、あしたもどうにか なる気がする。...
生 家 な れ こ だ わ り 捨 て よ 九 月 尽... せいかなれ こだわりすてよ くがつじん 九月尽、九月の最後の日。 家にはそれぞれ、長いにしろ短いにしろ歴史があって、生まれ育った家ならばなおのこと、思い出、もう亡くなった人と過ごした思い出も含めて、大切な場所です。 代が変わり、住む人が居なくなり、空き家を放置することもなにかと煩いし、危険でも...
花過ぎて 日常生活 郵便屋 大騒ぎの桜が終わった。 普通の毎日が戻ってきた。 いつものことが、いつものように、わたしはこの日常感が好きです。 郵便屋さんも、いつもの時間に届けてくれます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください