稲 雀 届 か ぬ と こ ま で ち ょ い 逃 ぐ る

いなすずめ とどかぬとこまで ちょいにぐる

人の気配に驚いて、いっせいに飛び立つなら可愛げもあるけれど、被害の及ばないと思われるところまで測って逃げているふうなのです。

知恵がついたのか、もともと少しは賢いのか、カカシなんかにだまされるのか、疑わしい。

カラス並みにアタマいいかも。

この句も読まれています。

新 山 や 樹 木 許 さ ず 山 眠 る しんざんや じゅもくゆるさず やまねむる 普賢岳は、あの土石流の跡を、うまく隠して普通に紅葉してすまし顔。 あの凄まじい噴火と火砕流で出来た、となりの通称平成新山。 猛々しく血も涙もない風采で、仁田峠の紅葉谷を横目に、其処にそびえます。 当時は、テレビの映像ながら、夜中にめらめらと溶岩が家々を飲み...
野 梅 に も 日 射 し 届 き て 二 三 輪... のうめにも ひざしとどきて にさんりん 野生の梅。 やまのなかに生育し、それでも花の季節には小さな花を忘れずにつけます。 でも、梅園とちがって、手入れはなく、肥料もない状況では、花のつきも良くないのです。 それでも毎年そこにあって、それなりの花を咲かせていることが、頼もしくて好きです。...
釣 り 忍 盤 の 水 に 漬 け 置 か れ つりしのぶ たらいのみずに つけおかれ 釣り忍。 シダ類の根を重ねて巻いて、軒先に吊るし、涼を呼ぶ風鈴やすだれと並ぶ、暑さを凌ぐための、むかしからの日本人の知恵。 水は毎日かけているのだけれど、この頃の熱波は凌ぎ難いようで、ときどきたらいに冷たい水を張ってしばらく行水させて、充分な水分補給をさせま...
原 爆 忌 そ の 寸 前 の 普 通 の 日 げんばくき そのすんぜんの ふつうのひ ヒロシマ、そして長崎。 8月6日、9日のその瞬間まで、戦時中とはいえ日常の生活が営まれていたはず。 弁当を持たせ、行ってきますと言い、学校や徴用された工場へ当たり前に出かけ、当たり前に送り出し。 いたずらか、運命か、多くの人が亡くなるなか、いのちを得た人もい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください