稲 雀 届 か ぬ と こ ま で ち ょ い 逃 ぐ る

いなすずめ とどかぬとこまで ちょいにぐる

人の気配に驚いて、いっせいに飛び立つなら可愛げもあるけれど、被害の及ばないと思われるところまで測って逃げているふうなのです。

知恵がついたのか、もともと少しは賢いのか、カカシなんかにだまされるのか、疑わしい。

カラス並みにアタマいいかも。

この句も読まれています。

藁 ( わら ) 笠 の 少 し の 助 け 寒 牡 丹... Peony / 牡丹(ぼたん) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) もう、寒牡丹の季節がやってきたようです。小さな藁帽子が、きっと大きな支えになって、あれだけの大きな花を咲かせるのでしょう。見事なものです。温室よりずっと、風情があるし、こころがやすらぎます。大好きな、筥崎のお宮です。...
慰霊の日 弔いの雨 降り止まず 今日は沖縄の慰霊の日らしい。沖縄には行った ことはない。六十余年たってなお、あんなに涙を 流すことがあるのか。めためたになる悲しい経験 を持つ人は、もしかしたら、そんなに少ないわけじゃ ないのかもしれない。耐えて耐えて、誰にも言えず ただ息をするだけでも、生きてはいる。...
暮れそうで いてまだ暮れぬ 春の雨... s四月、だんだん日が長くなって、夕方が楽しめる季節。長い夕暮れ、散歩するも、待ち合わせするもちょっとうきうき したり。つかの間の幸せ。春の宵のにおいが満ちている。...
花 冷 え や 申 し 送 り と い ふ 手 立 て... はなびえや もうしおくりと いうてだて ちょうど花冷えの頃、転勤があったり、退職があったり、新しい人をむかえたり、 世の中はざわつくわけですけれど、 「時間がない。どうしよう。」と思っていてもなんとかなるものです。 去ることに一抹の寂しさは付きまとうものだけれど、 わたしの想像のうちでは、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください