稜 線 を う ら う ら に し て 山 笑 ふ

りょうせんを うらうらにして やまわらう

厳しい冬には、黒に近い色一色で、固まっていた山々が、春を迎えて、樹々の若芽を思うままに、色とりどりの緑におおわれ、むくむくと動き出しました。

稜線も日に日に変化するように、山が生きていることを実感します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください