移 動 販 売 腰 掛 け て 待 つ 山 笑 ふ

いどうはんばい こしかけてまつ やまわらう

遠いむかし、引っ越してきたころは、おおいに賑わった団地です。

若者が、親世代と一緒に住まなくなって久しいです。

大きな街だった団地は、ひとり暮らしの老人ばかり。

買い物にも不自由してきたところに、移動販売車が曜日と時間を決めて、

決まった場所に来るようになって、ずいぶん助かっていると聞きます。

年寄りは、早め早めに準備して、寒さが厳しいときはだるまのように着膨れして、販売車をまちます。

待つ間の、コミュニケーションも、楽しいものだとか。

明日は我が身です。

楽しく老いてほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください