秋 高 し 深 山 に 届 け 木 挽 き 唄

あきたかし みやまにとどけ こびきうた

宮崎県民謡に「日向木挽き」という勇壮な唄があります。

深い山奥に何日も篭り、木を切り出す木挽きの仕事唄です。

民謡はそのほとんどが仕事唄です。

辛い仕事の気を紛らわすために謳い継がれてきたものです。

唄う人が言うには、寒い地方の民謡の方が難しい気がすると。

そうなのかもしれません。

この句も読まれています。

梅雨寒し 思わぬ人と 夢で逢い むしむしするけど、ちょっと寒かったりする、今頃の季節には、わたしはよく夢をみます。むかしから。 目が覚めてもはっきりと覚えていることが多いです。 とっくに忘れたはずの人が現れて、自分でびっくりすることがあります。 「夢で逢えたら」という歌が好きです。 「あなたに逢えるまで眠り続けたい」...
骨壷(こつつぼ)の 届いて今朝の 雲の峰... なんか有名な人に制作を頼んだらしい。 波佐見焼き(はさみやき)みたいな、もようが透けている凝ったもの。 見事な出来と、本人の弁。 空には活力溢れる入道雲。 死ぬ気なんかないじゃないか。...
百 年 の 恋 冷 む 形 相 ご き ぶ り 打 つ... ひゃくねんの こいさむぎょうそう ごきぶりうつ 「一匹見つけたら、二十匹はいると思え」 気をつけているつもりでも、築35年ではどうしようもないところもあって、見つけたら、むかしは噴射、でも体に悪そうで、今は新聞紙を丸めたのか、古いスリッパかとにかく命がけでやっつけなければなりません。 掃除機で...
むつごろう 採るな騙すな(だますな) 眼(まなこ)見よ... 有明海の干潟に棲息するむつごろう。 愛嬌のある風貌と泥まみれの干潟で 跳ね回る動きの面白さ。柳川の鮮魚 店で売っているのを見た。食べては いけない。あの眼を見てごらん。と ても食べられるものではないでしょ う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください