秋 高 し 深 山 に 届 け 木 挽 き 唄

あきたかし みやまにとどけ こびきうた

宮崎県民謡に「日向木挽き」という勇壮な唄があります。

深い山奥に何日も篭り、木を切り出す木挽きの仕事唄です。

民謡はそのほとんどが仕事唄です。

辛い仕事の気を紛らわすために謳い継がれてきたものです。

唄う人が言うには、寒い地方の民謡の方が難しい気がすると。

そうなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください