秋 の 陽 や 藤 椅 子 飴 色 遠 き 山

あきのひや とういすあめいろ とおきやま

長かったそして、とても暑かった夏が過ぎ、縁側に置いていた藤のイスは、いつの間にか日焼けして色を変え、空気が澄んできたのか、気温が下がったからそんな気がするのか、遠くの山々はくっきりとその輪郭をあらわします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください