祀 ら れ し 狐 百 の 眼 お 見 通 し

まつられし きつねひゃくのめ おみとおし

一般には見つけにくい細道の奥の祠、別に大きくもないのだけれど、その中に薄暗い灯明が、小さな小さなキツネを映し出します。

とても小さくて、ゆうに百匹は居ると思うのです。

その二つずつの、細くて吊り上がった意地の悪い、なんでも見抜いてしまう目が、こっちを見ているのです。

空恐ろしい気がして、早々に退散。

人間のウソくらい、カンタンに見破るのではないか。

本人が気がついていないことまでも。

キツネにまつわる不思議な話があって、ごく一般の田舎の屋敷の敷地の中に、古墳が祀られていたそうなのです。

そのむかしは、庄屋として、その辺りをまとめていた家らしいのですが、それほど格が高いということはなかったと聞きました。

ある夜、その古墳を壊して、次男か三男かの家を建てる話し合いが行なわれたとか。

その夜は、一晩中キツネの鳴き声が絶えなかったと。

それっきり建築の話は立ち消えになったとのことです。

その夜以来、キツネが鳴くことはないと聞きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください