磯 の 香 や 海 苔 に 切 り 取 り 線 の で き

いそのかや のりにきりとり せんのでき

海苔ほど、値段の差が、素人にもはっきりわかるものはないような気がします。

上質のものは、香りが強く、黒々としていて、噛みごたえがあります。

食べるために、裏表を、さっと炙ると、いちだんと香りが増します。

最悪のものは、向こうが透けて見えるほど、うすうすで、色はほとんど黄緑に近く、おむすびを包む気にもなれません。

九州の田舎町では、香典返しに、名産の「佐賀海苔」が使われること、いまだにあり、

気をつけないと恥をかきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください