砥 ぎ 終 え て 滴 る 月 の 冴 え 冴 え と

とぎおえて したたるつきの さえざえと

凍りつく寒い夜、月は鋭いほどの光を放ち、

あまりに尖っているので、見ていると指先を

刺されたような気がします。

研ぎ終えた包丁のような。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください