療 養 所 地 を 這 ふ 松 と 磯 の 香 と

りょうようじょ ちをはうまつと いそのかと

むかし結核が席巻していた時代が長く続き、風光明媚な空気のいいところに療養所なるものが、いくつも建てられました。

松林の中ながら、周りに鉄条網にをはられ、ちょっと異様な雰囲気もありました。

医療の進歩に相まって、それらの病院は、りっぱに改築され、それぞれ、呼吸器疾患の専門病院や、その他総合病院に変貌し、昔を知る人は少なくなりました。

海風も松林もそう変わらずなのだけれど、マンションが建ち、海は見えにくくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください