畑を焼き 畦をなめ 空巻き上がり

野焼きの季節が来た。
あまりの火の勢いに、おののくのは毎年のこと。巻き上がる炎は時に激しく、空気を巻き上げるように思われ、もう手を
つけられない。あとに残る藁の焼けたにおいが、なつかしい。いつまでも残り、通り過ぎる車の中まで入ってくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください