田 に 墜 ち て 火 柱 の 立 つ は た た 神

はたた神とは、雷のことという話。
何もない田んぼには落ちるまいと思っていたのがまちがいだった。
物凄い雷鳴と大音響がいっしょになって、どーんと天をつんざく火柱となる。
いかにも神の仕業。
自然を舐めてはいけない。
何が起こるかわからない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください