産 院 の 建 つ 春 田 な り 遺 跡 出 ず

さんいんの たつはるたなり いせきいず

隣町には、産婦人科医院が一軒もないらしく、今度ようやくできることになりました。

菜の花やえんどう豆やネギ坊主の畑をユンボが掘り返し、黒土の見るからに良い畑だとわかる土が出てきたと思ったら、そこで工事が止まってしまいました。

遺跡が出て、発掘調査が行われるらしのです。

きのう通りがかると、四角や楕円形の発掘の跡がたくさんあり、甕棺どころではなく、かなり大きな建物の跡地なのかなと思いました。

病院は、まだまだ先のことになりそうです。

この句も読まれています。

早 よ う 来 て ひ と り 菖 蒲 の 風 に 酔 ふ... はようきて ひとりしょうぶの かぜによう 菖蒲にもいろんな種類があるようで、つい先日テレビで宮地嶽神社に江戸菖蒲を使った神事があるとのことで、見て驚きました。 わたしの知っている菖蒲とは全然違う、四角い折り紙を上手に折ったようなきりっとした素敵な菖蒲でした。 戸畑の夜宮公園にも菖蒲園があります。 ...
除 夜 の 鐘 百 九 つ に な り に け り... 口は禍のもと。 余計なことを言ってしまった。 もう今年も今日で終わるのに。 ついつい言ってしまった。 だってホントのことだもの。 反省している。 だってホントのこと・・・...
深 追 ひ は す な 傷 つ く と 苜 蓿 ふかおいは すなきずつくと うまごやし ウマゴヤシとは、シロツメクサのことです。 俳句ではよくこんな古めかしい言い方をします。 うまく結わえて、王冠のように作れる器用な人もいます。 江戸時代に入ってきた帰化植物です。 肥料や牧草にするので、この名前が付いたようです。 わたしはむかしから、...
春隣 薄曇なり 小雨なり 春はもうすぐ隣。 それでも冷たい雨は降る、吹雪のような風が吹く。 なかなかすっとはいかないもの。 必ず来ると、わかっているなら、楽なもの。 人はあさって春が来ることが、わからない。 夜明け前の暗闇がわからない。 それに、春はまだまだ来ないこともあるんだもの。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください