産 院 の 建 つ 春 田 な り 遺 跡 出 ず

さんいんの たつはるたなり いせきいず

隣町には、産婦人科医院が一軒もないらしく、今度ようやくできることになりました。

菜の花やえんどう豆やネギ坊主の畑をユンボが掘り返し、黒土の見るからに良い畑だとわかる土が出てきたと思ったら、そこで工事が止まってしまいました。

遺跡が出て、発掘調査が行われるらしのです。

きのう通りがかると、四角や楕円形の発掘の跡がたくさんあり、甕棺どころではなく、かなり大きな建物の跡地なのかなと思いました。

病院は、まだまだ先のことになりそうです。

この句も読まれています。

秋の野に 柿の木のあり 稲実り むかしのこと、大宰府の、麻生太郎さんのお父さんかお爺さんかが造った、トンネルを抜けて、 宝満山の登り口、竈神社までの道は、わたしの思い出の道です。 一面の稲穂黄金色に輝いて、もう刈り取り寸前。 道はまっすぐではなくて、細くぐるーっとわざと景色を楽しむために、曲がっているよう。 空は真っ青な秋の高い空...
筑 後 川 挟 み て 御 霊 ( みたま ) へ 大 花 火... わたしが思うに、大昔からあったと言われる大花火・花火大会は、亡くなった人びとが、安らかに極楽浄土に行けるようにとの思いから始まったのではなかろうか。 この世になんの想いも残すことなく亡くなる人は少なかろう。 片付かない心配事を、山のように抱えて、あの世に行くしかなかった大勢の人が、この世の辛いことか...
郵便の バイクのリズム 風薫る ブーンと音を立てて、郵便屋さんのバイクの音、間をおかずまたブーンときて、 エンジンをかけたまま停止している音、その繰り返しが、穏やかな日常を 与えられている幸福感といえば大袈裟だが、安堵感はある。...
櫨 も み ぢ 顔 も 小 川 も 赤 く 染 め... はぜもみじ かおもおがわも あかくそめ ハゼとはロウソクの原料になるらしい。 ハゼに負ける人はけっこう多くて、顔から首まで真っ赤に染まり、痛みや痒みもあるといいます。 久留米市に、柳坂曽根のハゼ並木があります。 細い細い用水路というか、小川のような水の流れがあるのが、大きな魅力だと、勝手に思...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください