産 院 の 建 つ 春 田 な り 遺 跡 出 ず

さんいんの たつはるたなり いせきいず

隣町には、産婦人科医院が一軒もないらしく、今度ようやくできることになりました。

菜の花やえんどう豆やネギ坊主の畑をユンボが掘り返し、黒土の見るからに良い畑だとわかる土が出てきたと思ったら、そこで工事が止まってしまいました。

遺跡が出て、発掘調査が行われるらしのです。

きのう通りがかると、四角や楕円形の発掘の跡がたくさんあり、甕棺どころではなく、かなり大きな建物の跡地なのかなと思いました。

病院は、まだまだ先のことになりそうです。

この句も読まれています。

刺繍 のこと ししゅうにはいろいろ種類があります。 フランス刺繍、スウエーデン刺繍、日本刺繍、クロスステッチ、刺し子、他にもたくさんあるのでしょうが、わたしが知っているのはこんなものです。 わたしは、がま口のサイフや化粧ポーチ、印鑑ケースなどをネットで出品して、わずかばかりの報酬をいただいているのですが、材料...
筍 と 糠 抱 へ 来 し 「に 」と 笑 ふ たけのこと ぬかかかえこし にとわらう 幼なじみがいます。 近いせいで、めったに会わないのですが、知り合いの山でタケノコを取ったとかで、帰りに寄ってくれました。 準備のいいことに、湯がくときに使う米ヌカまで持ってきてくれました。 気がきくこと。 玄関開けたら、なにも言わず、二ッと笑顔。 ...
子 蟷 螂 鎌 振 り 上 ぐ る 薄 緑 ことうろう かまふりあぐる うすみどり とうろう、カマキリです。 庭のそこここに、小さな生まれて間もないカマキリがいっぱい。 習ったわけでもないのに、小さいながら、カマを振り上げて威嚇します。 不思議です。 キレイなうすみどり色。 形も可愛らしく、そのままピアスにしたいくらいです。...
詠みながら 始末書を書く 鰯雲(いわしぐも)... 仕事の車をぶつけた。ブロック塀に。 ミラーが折れてしまった。 まったく不注意、しかしながら起きてしまったことは しょうがない。 職場会議でさんざんごめんなさいしたあげく、始末書。 さっさと書いてはいけない。時間をかけてしみじみと書かなければ。 またワーワー言われる。 一行書いては、一句。また書いては...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください