球 磨 川 の 奇 岩 に 立 て り 夏 の 雲

くまがわの きがんにたてり なつのくも

例年なら、球磨川下りのシブキを受けて、大勢の観客が嬌声をあげるところだけれど、コロナあり、昨年の豪雨ありで、まだ立ち直っていないもよう。

途中、珍しい形の岩や、曲がりの激しいところを、船頭さんが解説してくれます。

どのくらいの距離を下るものか、ちょっと忘れたのですが、けっこう楽しめます。

たしか、近くに鍾乳洞もあったと記憶しています。

暑い夏をしばし忘れることができたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください