球 磨 川 の 災 禍 超 え た り 鮎 太 り

くまがわの さいかこえたり あゆふとり

二年前、球磨地方に大水が出て、たいへんな被害が出ました。

ただでさえ荒い、球磨川がさらに大暴れし、近隣の家、田畑に大きな被害をもたらしました。

アユはどうなったかと、気をもむ関係者に朗報がもたらされました。

変わらずというより、より一層太った、きれいなアユが、しかも豊漁だとか。

ひとまず安心。

災害的には、過去に一度頓挫した、ダム計画がまた持ち上がっているとか。

上流に大きなダムができれば、どんな変化がおきるか。

波シブキをかぶる、観光球磨川下りは、無くなってしまうのか。

柳川の川下りのような、静かでおとなしいものに変化してしまうのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください