獣 道 喘 ぎ 喘 ぎ に 山 笑 ふ

けものみち あえぎあえぎに やまわらう

山の頂から長く続く、いちばん高い線の、端っこのもう下りかけたところに、小さなほこらがあります。

その昔、何かとても悲しいことがあり、そのみたまを慰めようと、誰かが建てたものかと勝手な想像です。

そこに至るまでの道は、開発されて、途中までならバスも通れるのですが、それでは面白くないので、急峻で狭く、樹々の走り根が這い回っている近道、たぶん獣道のような道をゆくことにしました。

大げさではなく、息も絶え絶え。

平気だったはずなのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください