犬 ふ ぐ り 箱 崎 の 街 電 車 道

いぬふぐり はこざきのまち でんしゃみち

5歳で母と別れた。

24歳の若い女が新しい母親となり、その日からひどい虐待が始まった。

自分の子を産んでからは拍車がかかった。

今に至っても、忘れられなくて、困っている。

生みの母とは、5歳途中まで、箱崎の郷口町にいた。

小さな家の前には大きな川が流れていて、川べりに、青い小粒のコンペイトウのような、

犬ふぐりがいっぱい咲いていた。

幼いわたしは、茎の部分から花を摘むことを知らず、てっぺんの花びらのところだけをつまんですぐに壊れた。

短い間だったけれど、たぶんあそこがふるさと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください