照 紅 葉 金 巻 尺 の 戻 り ぶ り

てりもみじ かねまきじゃくの もどりぶり

大工ではないけれど、生地の幅や長さをを測ったりするときに、巻き尺を使います。

ただひも状のものもあるけれど、出口に金具が付いていて、それをテーブルの端にひっかけ、ダーっと引っ張り出して測り、終わって引っ掛けを外すと、うなるような勢いで戻るものがあるのです。

自分のが見当たらないので、気軽にとなりの人のを貸してもらったのですが、ものすごくびっくりしました。

金属だから、恐い。

この句も読まれています。

花冷えや 温泉街(おんせんまち)の 裏階段... 温泉が好きで、温泉の街が好きです。 路地の奥まで、ゆで卵のような硫黄の匂いがします。 地元の人は、街の銭湯へ行くそうです。 家に温泉を引いているところもあるらしい。 はじめは小さかったであろう温泉旅館が、建て増し建て増しで、おかしな風に巨大化しているのを外から、内から見るのも好きです。 道も迷路のよ...
愛 さ れ て 育 て ら れ し が わ か る 桃... あいされて そだてられしが わかるもも 岡山県産。 みごとな黄色。 傷ひとつないうえに、うっすらうぶ毛に覆われていてうつくしい。 みずみずしくて、水蜜桃って、こんなのかな。...
夜桜に 片恋の昔 預けおり 同じ桜も夜みれば、ちがう。思う心も別物。過ぎ去った、ふとした一場面を思い出し、そのときの心持ちをまざまざと想 いだす。いいことばかりではないけど、過ぎ去ってみれば、それもこれもそうするしかなかった自分がいる。...
浦 上 の 眼 の 無 き マ リ ア 桜 降 る... うらかみの めのなきまりあ さくらふる 原爆で傷ついたマリア像。 このサクラを届けたいとは、多くの信者の思いでしょう。 長崎には、「この子を残して」の作で知られる永井隆氏が、原爆症で亡くなる前に、本の印税で、サクラの苗木を相当数購入され、人々の手によって植えられ、今はもう代替わりして、それで...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください