焦 る な や た け な わ 蛙 目 借 り ど き

あせるなや たけなわかわず めかりどき

春たけなわのころ、眠くなるのは、カエルが人の目をかりてゆくからだ、という俗説に基づく季語とのことです。

言葉遊びを好んだむかしの俳人が作った言葉です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください