焦がれても 密かなるべし 虎落笛(もがりぶえ)

冬の冷たい激しい風が、垣根や電線に吹き付けて、身をよじるような苦しい声を上げるように聞こえる虎落笛(もがりぶ
え)身をよじっても、届かない、伝えてはいけない恋心なのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください